Developer (C++)

Job Type
Permanent
Salary
6,000,000 JPY - 9,000,000 JPY per year
Japanese Level
Advanced (JLPT Level 1)
English Level
Advanced (TOEIC 860)
Start Date
ASAP
Location
Tokyo

Description

A Tokyo-based, Virtual Reality, Start-up is seeking a highly-skilled software developer (C++) to contribute to develop their future product line-up centered on their VR eye tracking software…the world's first!

With a passion for VR/AR/XR, the successful candidate will work where graphics, robots, streaming and VR all intersect and will have a non-compromising approach to writing the very best code, with a growth mindset.

【Responsibilities】
‐ Contribute to development of new products as part of the future product line-up.
‐ Develop novel hardware and software systems.
‐ Keep up with industry trends, new technologies in the VR/AR/XR space.
‐ Open, proactive communication on project status, updates, knowledge share, industry trends.

 

 

東京を拠点とするバーチャルリアリティ、スタートアップでは、VRアイトラッキングソフトウェアを中心とした製品ラインナップの開発を担当いただける技術力の高いソフトウェア開発者(C ++)を募集しております。

VR / AR / XRに対する情熱をもって、グラフィックス、ロボット、ストリーミング、VRが交差する環境で自身の成長を考えながら、妥協のない最良のコードを書いていただきます。

【主な業務内容】
‐ 将来の製品ラインナップの一環として新製品の開発に貢献する。
‐ 新しいハードウェア及びソフトウェアシステムを開発する。
‐ 業界動向、VR / AR / XR空間の新技術について常に最新の情報を得る。
‐ プロジェクト状況、更新情報、知識共有、業界動向に関し、オープンで積極的なコミュニケーションを取る。

Required Skills

‐ Experience with modern C++ (C++11 and later, RAII, zero-cost abstractions)
‐ Software architecture skills
‐ Experience building low latency systems
‐ Passion for VR/AR/XR

 

 

‐ 最新のC++(C++ 11以降、RAII、ゼロコスト抽象化)の経験
‐ ソフトウェアアーキテクチャのスキル
‐ 低遅延システム構築経験
‐ VR / AR / XRへの情熱

Preferred Skills

‐ Knowledge of Windows APIs, inter-process communication
‐ Experience with version control (ie GIT)
‐ Experience with video encoding and streaming
‐ Experience with 3D rendering libraries (DirectX, Vulkan, etc.)
‐ Contributions to open-source C++ projects
‐ Experience integrating complex systems with hardware

 

 

‐ Windows API、プロセス間通信の知識
‐ バージョンコントロール(GITなど)の経験
‐ ビデオエンコードとストリーミングの経験
‐ 3Dレンダリングライブラリの経験(DirectX、Vulkanなど)
‐ オープンソースのC ++プロジェクトへの貢献
‐ 複雑なシステムをハードウェアと統合した経験