NEWS / スマート農業

スマート農業は世界を救うことができるか

May 20, 2019, 2019


世界の人口が急激に増加するにつれ、不可欠な資源の供給力は危機的状況に達しつつあります。種の基本的なニーズを提供するという義務がある中、世界の大国は大量の食料を生産しなければならないという挑戦に直面しています。

世界的な食肉消費量の削減、既に世界中で20億人以上の人々の食事の一部となっている昆虫食などの持続可能な代替食料源の増加など、食料生産の効率を改善する多くの解決策が提案されています。
しかし、2050年までに100億人 を養うための課題は山積みです。近い将来の水不足は、世界を襲う最大の危機となる可能性があります。増大するニーズの中で不足しているリソースを補う鍵は効率であり、スマートテクノロジーが世界を救うのに役立つかもしれないところです。
1:リソースモニタリング

農業における物理的資源である水、作物肥料、動物飼料、農薬などの供給力はスマートセンサーによって既に監視することができ、将来的にセンサー主導は高い効率性を確保すべく相互運用が必要になるでしょう。帯水層や他の貯水池の場所ごとに利用可能な水量を正確に把握し、それが現在および予測される需要とどのように相関するかによって、問題を早期に特定できます。規模を拡大すると、衛星/レーダー画像が配水と水質の傾向を特定するのに役立つでしょう。
現在利用可能なスマートセンサーは、土壌組成および品質、特定の作物への肥料や土壌添加剤の必要性をフィードバックするものです。大規模農業でのIoTデバイスの使用には、持続可能な電源の確保や遠隔地・アクセスが困難な場所でのクラウド接続など、いくつかの課題が生じます。システムと現場の相互運用は、小規模農場においてこれらの課題を克服するのに役立ち、ローカルおよびグローバルレベルの両方でトレンドの特定を可能にする次のオープン農業データ収集の巨大なネットワークへと重要性を持っています。
2:トリガーによる必要に応じた資源の利用

遠隔温度モニタリングや呼気分析などの非侵襲的なスマートテクノロジーは、既に家畜の健康状態の評価や病気の特定に使用されています。また、大規模イメージングは、広大な農場での作物のモニタリングに使用されています。家畜の病気や作物の問題を早期に特定することで、農薬や抗生物質の使用を最小限に抑えることができ、消費者、農家、そして環境に明らかな利益をもたらします。
ロボットによるフルーツ収穫、灌漑、作物噴霧器などの自律型技術は、クラウドベースでの注意や収穫の必要性の通知に自動的に対応することができます。例えば、プログラマーは作物の収穫最適時期を通知する際に、自動的に収穫が行われるシナリオ、またはスマートフォンで農家に通知されて彼らが適宜対応するシナリオも組むことができます。
3:世界的な需要の供給

農業におけるスマートトリガーによる必要に応じた資源の利用と、人間の需要の傾向を示すシステムとの相互運用は、更なる自動化と効率化、対応型の資源の利用と創造を意味します。

実際の需要へのより直感的なつながりは、農家が必要性を予測し、それに応じて生産量を調整するのに役立ちます。機械学習を通じて、農業は需要に効率的に対応できるスケーラブルなものになります。
結論
地球規模のニーズを満たすことは明らかに時間的制約のある問題であり、環境保護グループ、気象学者、そして人間行動の専門家、さらには農業、工学、そして最先端の技術専門家からの意見を取り入れた学際的アプローチが必要です。合理的な資源利用と収穫高の予測は、スケーラブルで相互運用的なニーズベースのシステムでしか実現できません。私たちは、人類の未来のためのスマート農業という新しい農業革命の始まりにいるのです。