NEWS / ファッションとテクノロジー

ファッションとテクノロジー:パーフェクトフィット

August 19, 2019


ファッションの本質は、先進的・新しいことです。これにより、ファッションにおけるテクノロジーの使用は最適になります。FashionTechの時代に急速に移行しており、私たちが着る服の生地にはテクノロジーが織り込まれています。

テクノロジーがファッションに影響を与えている3分野
テクノロジーがファッションの世界に適用されている分野は数多くありますが、今回は3つの重要な分野をご紹介します。

スマートテキスタイル
「スマート」とは、センサーやデータを使用して、熱や光、心拍などの条件に対応する技術を指します。スマートテキスタイルは、これらのセンサーと特殊な糸を使用して様々な条件に適応します。これらは通常、美しさとパフォーマンス向上の2つのカテゴリーに分けられます。スマートファブリックを使用すると、健康、温度などの身体機能及び環境兆候を監視できます。

例1: 聴覚・視覚障害者向けテキスタイル

EUでは複数のプロジェクトで、聴覚・視覚障害コミュニティの人々を助けるためにスマートテキスタイルの使用を検討しています。スマートテキスタイルは、触覚センサーが埋め込まれた衣服を作るために使われます。スマートウェアは、着用者の体のポイントを押して、どのような部屋か等のさまざまな情報を知らせることができます。

例2: グラフェン糸

英国の大学は、スケーラブルなグラフェン糸を生成する方法を開発しました。グラフェンは高い導電性を持ちますが、非常に柔軟な素材でもあります。このような性質から、センサーを布に織り込むことができる完璧なスマートファブリックであり、データはモバイルデバイスにワイヤレスで送信されます。まず第一に、このメソッドの開発チームは高性能スポーツウェアでのグラフェンの使用を見込んでいます。
ブロックチェーン
ファッション業界では、分散型台帳技術であるブロックチェーンにおける多くのユースケースが認識されています。ブロックチェーン技術は、不変のレコードを作成するトランザクションを保存する方法です。

高級製品の真正性とブランド保護

偽造ファッション商品の市場規模は巨大です。最近のレポートでは、2020年までに世界の偽造ファッション市場は1.82兆米ドルに達するとしています。ブロックチェーン技術を使用してファッション業界のサプライチェーンを管理することで、これを軽減できるでしょう。デビアスダイヤモンドは、100の高価値ダイヤモンドを追跡するため、採掘から小売までブロックチェーンの使用を実証しています。

ブロックチェーンは、ロイヤリティの追跡やデザイナーの知的財産の管理にも適用できます。フランス人デザイナー、マルティーヌ・ヤールガードは、ブロックチェーンを使用して作品の出所を確認しています。原材料から完成した衣服まで、衣服のライフサイクル全体がブロックチェーンに登録され、トレーサビリティが確保されます。
ウェアラブルとIoT
多くの場合、ウェアラブルファッションは時計やその他のアクセサリーとなっています。しかし、モノのインターネット(IoT)に基づくファッションは、衣服やトレーニング・シューズなどの他のアイテムに分岐しています。ファッションというくくりでIoTを使用することで、着るものに新しい側面を追加できます。
ウェアラブルの例:

リーバイスとGoogleのProject Jacquard

Jacquard™は導電性ファブリックです。 =リーバイスとGoogleのコラボレーションにより、モバイル通知を受信したときにさまざまな色で点灯したり振動するスマートジャケットが作成されました。アーム部分はタッチセンシティブで、携帯電話を操作することができます。

ナイキセルフレーシングシューズ

Nike Adaptシューズを使用すると、モバイルを使用して自分の足に合うようにシューズの形状を自動調整することができます。ナイキはこれを「電動式リアクションレーシング」と呼んでいます。
結論
ファッションは常に未来志向です。デザイナーは1シーズンまたは2シーズン先のコレクションを作成します。テクノロジーは現在、ファッショニスタのワードローブに新しい未来の側面と可能性を加えています。ファッションは、身に着けるものや外見に影響を与えるため、身体だけでなくデータを使用ことができるようになっています。