【外資系大手保険会社】プロダクションマネージメント・シニアアナリスト

勤務形態
正社員
給与
年収:570万円 - 800万円(経験に基づく)
日本語レベル
流暢
英語レベル
中級(TOEIC 600)
開始日
ASAP
勤務地
東京

職務内容

外資系保険会社では保険の設計/申込にかかる営業支援系システムをはじめ、新契約引受査定システム、契約の保全手続きをサポートするシステム、保険金支払システム、コールセンターでのカスタマーサポートのための各種受付/照会システムのほか、経理、数理、コンプライアンス等の社内管理系システムを含めて200を超えるサブシステムが稼働しており、これらのアプリケーションレイヤーでの運用保守を担当しています。具体的にはインシデント発生時の応答、調査、復旧作業の実施や、各ビジネス部門からの問合せに対する調査回答やデータ抽出提供などを実施しています。また運用保守だけでなく、これらのサブシステムにかかる小規模開発(開発工数10人月程度以下)についても担当しており、運用保守と小規模開発どちらもパートナーであるベンダーを管理しながら対応しています。

また、AD/DevOps/IMでは新規アプリケーションの開発を含む複数のプロジェクトを走らせており、リリース後プロジェクトの終了とともにこれらの新規アプリケーションの運用保守がAMSへ引き継がれることになります。現在はペーパーレス設計/申込システムの開発や、新契約引受査定の状況をモバイル端末へ通知する新規アプリケーションの開発などが行われています。当募集ポジションはこのような新規アプリケーションの運用保守フェーズへの移行に向けた準備、計画、引継ぎと、受入後の運用保守や小規模開発を担当していただきます。また直近ではAgileでのプロジェクト開発も徐々に増えてきており、従来のWaterfall型とは異なるアプローチでの運用保守への引継ぎが必要となっており、新しい引継ぎプロセスの整備などもお願いする予定です。

【業務内容】
‐ AMS(アプリケーション・マネジメント・サービス)における新規テクノロジーや新規アプリケーションのシステムマネジメントエンジニアとなる。
‐ ADプロジェクトから新規テクノロジーや新規アプリケーションの受け入れに関するAMS内の単一窓口となる。
‐ 新規アプリケーションに関するサービスリクエスト、インシデント、小規模開発を担当する。
‐ マネージャーのサポートを受けながら、新規テクノロジーやアプリケーションに関するトレーニング計画を策定し、AMS内部でのトレーニングを実施する。
‐ 新規アプリケーションの運用保守作業を確立して安定させた後、AMS内のBAUチームへトレーニングや引継ぎを実施する。
‐ 新規テクノロジーや新規アプリケーションのシステムマネジメントエンジニアとしてADプロジェクトのサポートを行う。
‐ ADプロジェクトで開発された新規アプリケーションについて、BAUへの移行を円滑に進めるためにQuality Gate Reviewを実施する。


【会社概要 | Company Details】
多様な販売チャネルと商品ラインナップに強みを持つ、日本で40年以上の実績がある外資系保険会社です。多様性ある環境づくりにも力を入れており、中でも女性の登用に力を入れています。
Global insurance company with over 40 years of experience in Japan with strengths in various sales channels and product lineup. The company focuses on creating diverse environments including but not limited to promoting the appointment of women.

【就業時間 | Working Hours】
9:00 - 17:00(Mon - Fri)

【休日休暇 | Holidays】
完全週休2日制(土日祝休み)、年末年始、年次有給休暇、その他特別休暇など
Saturday, Sunday, and National Holidays, Year-end and New Year Holidays, Paid Holidays, Other Special Holidays

【待遇・福利厚生 | Services / Benefits】
各種社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険)、通勤交通費支給等
Social insurance, Transportation Fee

必須スキル

‐ Java、C/C++、.NET等の経験
‐ データベースの経験 (Oracle、SQL Server)

さらに下記の中から2つ以上の経験をしていること。
‐ インテグレーションツールの使用経験 (ETL、ESBなど)
‐ モバイル開発経験 (Android、iOS)
‐ SFDC / Cloudの経験 (Azure、AWS、Googleなど)
‐ BigDataの経験 (Hadoop) / Robotics (Blue Prism).
‐ DevOpsの経験 (Microservices, Docker) / CI/CD Tools (Jenkins).
‐ SSOの経験 (CA Site Minder)