お知らせ

夏の紫外線から目を守ろう




連日の真夏日に照りつける日差し…熱中症や日焼け防止に意識が高まる今日この頃。合わせて心がけたいのが、目の紫外線対策です。


長時間にわたり目に強力な紫外線を浴びると、悪影響が及び慢性的な眼病を引き起こすことも。例えば視界が歪んだり見えにくくなったり、角膜炎になるリスクもあります*。日々の生活でそこまで日にさらされる機会は少ないかもしれませんが、夏のレジャーで長時間屋外にいる場合などは注意したいところです。


対策として真っ先に浮かぶのはサングラスですが、UVカット効果のあるものであれば、色付きのグラスである必要はなし。PCレンズや、普段の眼鏡にUVカット効果のあるものを選んでみると良いでしょう*。


また、大阪市立大学医学部の井上正康教授(生化学)によると、目から紫外線を吸収することで皮膚のメラニン量が増加するという研究結果も出ており、目の健康はもちろん美容面からもお勧めです。


日々PC画面と向き合い酷使しがちな目ですが、ぜひ意識的に守って健やかに夏を乗り切りたいですね。


* ”眼科専門医が教える。紫外線対策にサングラスは必要? 目への影響とその防ぎ方”, メガネスーパーホームページ
http://www.meganesuper.co.jp/kodawari/course/int_01/
 **大阪市立大学医学部の井上正康教授(生化学)による論文
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/biochem1/HTML/Paper/2003/hiramoto_2003_3.pdf