お知らせ
英会話のための勉強法アイディア

 

先日のスキルアップに関するアンケート結果でも、語学の重要性を感じるという声を複数ご紹介しました。読み書きであれば、必要に応じて調べながら対応できても、いざと言う時に待ってもらえないのが、英語での会話。正確な意思疎通が求められるビジネスシーンでは語彙力や正しい発音、瞬発力が求められてきます。そこで今日は、英会話のための勉強法をリストアップしてみました。



スキルハウス|英会話のための勉強法アイディア

1. 学びたい分野を扱った英文を音読する
黙読では理解できても、音読してみるとしっくりこない、ということは意外とあるもの。自分のペースで始めて、なめらかに読めるように繰り返してみましょう。


2. 英語ニュース/ドラマを英語字幕で見ながら話す
話者の声を聞きながら発音を意識し、またわからない表現が出てきたら一時停止して調べたりしながら進めてみましょう。自分のビジネスの分野に関する内容であればなお良いですね!


3. シャドーウィングする
ニュースやドラマで聞こえてくる英語を聞きながら、自分自身で繰り返し声に出し続ける方法です。もともとは同時通訳の方の勉強法*で、そのようなポジションを任されそうな方にもお勧めです。


4. TOEICのスピーキングテスト向けに勉強してみる
スピーキングとライティング力を計る「TOEIC SWテスト」。実力をスコアで確認できるので、独習の際の目標として設定しやすいですね。


5. 国際的な集まりに参加する
フォーマル、カジュアル問わず、国際的なメンバーの集いに参加してみましょう。ビジネス会話よりも、時に雑談のハードルの方が高いのが母国語以外での会話。実際の会話で使われる表現を知るにも良い機会です。上手く伝わらないことがあっても、めげないことが肝心!


もちろん、英会話スクールに通ったり、サークルに所属したりすることも方法のひとつです。独習も良いけれど、人と話しながらの方が続けられるという方は、スキルハウスでも語学トレーニングを提供しています。独習時のアドバイスまでさせていただきますので、ぜひご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。


*AllAbout「通訳の英語力に学ぶシャドーイング」
http://allabout.co.jp/gm/gc/50412/
**TOEIC公式サイト
http://www.toeic.or.jp/sw/about/what.html