お知らせ

目の前の相手よりスマートフォン?


みなさんは友達との食事中、スマホとどのような距離感を取っていますか?先日見かけたのが「Stop Phubbing」のサイト*。スマホに夢中になって現実のコミュニケーションがおろそかになることに対しNOを掲げています。人と関わりあう場で、スマホに夢中になってしまうことに対する疑問をいろいろな例や数字で紹介しており、例えば、そのうちの一つがこのアンケート。「食事中に相手がスマホをいじると、食事がまずく感じる」と回答した人が全体の97%
というものでした。みなさんはどのように感じますか?


一方、こんなにもスマホをいじってしまう人が多い現状を強制的に変えるために、周囲の電波をカットするボトルホルダーを作ったビール会社も。**「乾杯を楽しみたいのに、皆がスマホばかり見ていて楽しみきれない!」といった事態を防ぐために作られたとのこと。


相手との時間を楽しむためには、例えば食事中はスマホをしまう、出しておいても触るのは最低限にとどめることが考えられます。(もちろんアプリ等で一緒に盛り上がる時は別ですね!)でも、仕事の電話やメールが気になってついついスマホをいじってしまう人もいるかもしれません。短時間のメールであっても、自分の世界に入り込んでしまうと、相手にとっては持て余すだけの時間になり、連続すると会話もとぎれとぎれになってしまいます。やむを得ない場合は、一言断っておくと良いでしょう。
なかには、「初めてのデートで、つい緊張してスマホばかり見てしまった…」という例も聞いたことがあります。でも、緊張していてもきちんと向き合ってくれた方がもちろん好印象ですよね!


さて、今週も新着案件が続々届いています。今すぐこちらからチェックしてくださいね。


* Stop Phubbing site: http://stopphubbing.com/

**ボトルホルダーの紹介コマーシャル: http://www.youtube.com/watch?v=RFdHoGYiDMY