お知らせ

携帯電話をなくす前にチェックしておくこと


お正月気分も抜けつつある今日この頃。「いや、まだまだ新年会が続いていて…」と言った声も聞こえてきそうです。お酒の席はしっかり楽しみたいけれど、気が大きくなっている時に危ないのが、うっかりしてしまう忘れ物や落とし物。お財布などの貴重品はもちろんですが、恐ろしいのが大事な連絡先や個人情報が詰まった携帯電話をなくしてしまうこと。あなたにも、そのような経験や危なかったこと、ありませんか?
警視庁によると、一昨年の一年間で届けられた遺失物届けは約332万件*。そのうち、携帯電話は約24万件の届け出があり、一方で携帯電話の拾得届け数は約14万件。単純計算すると、約10万個の携帯電話が行方不明のまま、ということになります。
「私はなくさないから!」と思っているうちに、念のため備えておいた方が良いのが、まずバックアップをとること。OSに応じてバックアップをとれるソフトを使うのも良いでしょう。
では、実際になくしてしまった場合には、GPS機能を使って心当たりのある位置かを確認してみましょう。GPS探索できるようにするには、iphoneAndroidともにあらかじめ設定しておく必要があるので、確認しておくと良いでしょう。また、遠隔でロックをかけたり、必要に応じてデータを消去することもできます。GPSで表示される場所に全く覚えがない…など、盗難の可能性がある場合は、迷わず警察に届け出ましょう。
とはいえ、一番大切なのは、まずなくさないように油断しないこと!以前紹介した「飲み過ぎ防止アプリ」を活用してみるのも良いかも知れませんね。
さて、2014年も新しい求人情報が続々届いています。ぜひこちらからチェックしてくださいね。


*http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/kaikei/kaikei_24.htm