お知らせ

Facebook, twitter, Linkedin にGoogle+...あなたは普段、どんなSNSを利用し、どんな情報を”友だち”とシェアしていますか?また、Youtubeに動画をアップしたり、ブログであなた自身を紹介することはありますか?


こうした様々なサイトを利用していると、情報を積極的にシェアする人と、シェアしない人がいることがわかります。また、情報を積極的にシェアする人の中にも、新しい情報、面白いコンテンツや、自分の近況や達成したことなどをシェアする人と、細かな近況報告や心の声がメインの人がいます。また、積極的にシェアしない人の中にも、情報を自分の中でのみ消化し、必要性を感じなければ共有しない慎重派と、単純に投稿しようと言う考えが浮かばない人がいるのではないでしょうか。


上記の様にタイプ別に分けてみると、それぞれにメリットとデメリットが浮かびます。頻繁に情報をシェアする人のメリットとしては、身近な人とのコミュニケーションに加えて、遠く離れた知らない人にも自分の存在や考えを伝え、才能を表現することができます。SNSを通じて最新情報を手に入れたり、一般の方によるYoutube動画に心打たれた経験はあなたもきっとあるはずです。しかし、ネット=公の意識がない場合だと、些細な心の声を頻繁にシェアしすぎたり、表現方法や内容があまりにプライベートだったりすることから昨今のツイッター騒動の様なことになります。
一方、積極的にシェアしない人のメリットとしては、インターネット上でのコミュニケーションに縛られずに済む、ということ。デメリットとしては、その人の優れた考えや才能が広く知られ、認められるかもしれないチャンスを逃している、ということがあるとおもいます。自分の考えや作品をシェアするかは自由。でも、Youtubeやブログを通じて才能が認められたり、facebookやLinkedinで多種多様なスカウトが行われている中で、もしそのチャンスを他人事だと思っていたら、もったいないですよね!


あなたはどのタイプに当てはまりますか?自分から情報発信できる環境が当たり前になっている今、使い方とその価値を見直してみるのも良いかもしれませんね。