お知らせ

秋の夜長、何をするか迷ったら、語学に時間を割いてみてはいかがでしょう?過ごしやすく、集中しやすいこの時季は勉強を始めるのにぴったり。目標を立てるなら、試験や検定を受験してみるのも良いかもしれません。


例えば、先延ばしにしていたTOEICを受け直してみる。スコアの更新を狙うのはもちろん、学生時代から受けていない人にとっては、実用単語を見直す良いチャンスです。実務で英語を使っている人なら、以前より身に付いている単語も多いかもしれません。


英語以外にも、最近の求人要項で多いのが中国語、韓国語のスキル。それぞれ、中国語検定試験は年3回、韓国語能力検定試験は日本では年2回の開催と受けられる機会が少ないので、タイミングは要チェックです。


他にも日本では、アラビア語、インドネシア語、タイ語、ロシア語など、実は様々な検定が受けられます。仕事や会社と繋がる場合、たとえ初級でも勉強しておけば大きな強みになるはず。また、仕事に直結しない場合でも履歴書のインパクトは残せそうです。ちなみに、日本では人工言語のエスペラント語検定も受けることができます。何だかロマンチックですね。


国内企業もどんどんグローバル化が進む今日、語学には積極的に楽しむ姿勢で臨んで行きたいものです。
スキルハウスでも英語の語学トレーニングを提供しているほか、他にも様々なスキルアップサポートをしております。


こちらからぜひご覧ください。(http://www.skillhouse.co.jp/reason.html